メニュー

当院のコロナ感染対策について

[2021.11.15]

2022年1月21日改定

2022年4月8日改定

当院では新型コロナウイルスを含めた感染症対策として、以下の事を実行及び計画中です。尚発熱外来は月曜日には行っておりません。大変申し訳ないですが月曜日は他医療機関をご利用ください。

①:感染症疑い患者さんは建物外のワゴン車内で診察を行います。またお車で来院された患者さんの場合は、ドライブスルー検査を行います。

②:新型コロナウイルス抗原検査・及びインフルエンザウイルス抗原検査を一度の鼻腔粘膜採取で行える様なシステムを構築しました。新型コロナウイルス感染症はインフルエンザ感染症と似たような症状を呈するので、その鑑別に有用であると思われます。また当院の抗原検査は機械で読み取る方式なので発症後1日が経過し他人に感染させるような状況、ウイルス量が400コピー以上の状況であればPCRと同等の検査感度を持つとの結果が出ております。

③:新型コロナ核酸増幅検査(PCRと同等の検査精度)機器 ID NOWを導入しました。結果はおおよそ30分程度でわかります。またインフルエンザ・コロナ抗原検査と核酸増幅検査を同時に行うことも医師の判断の下可能ですが、この場合は検体採取は2回行うことになります(2回鼻の穴に綿棒が入る事になります)
1月24日追記:ID NOW検査機器試薬が枯渇してきました。大変申し訳ないですが適応を選んでこの検査を施行する事にしました。

④:上記の様に院内に感染疑い患者さんをできるだけ入れないよう患者さんの動線を分けるようにしましたが、無症状の患者さんも院内に入ることも想定されるため、大型のHEPAフィルター空気清浄器を導入し院内を陰圧環境にしました。これらの設備にて院内感染を極力減らす努力をしていきます。しかしながらこの空気清浄器の音が非常にうるさいです。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

⑤:鼻腔粘膜採取は痛みを伴うので、唾液によるPCR検査も可能ではあります。しかしその場合は検査会社に検査をお願いする形になり検査結果判定まで1-2日間かかる場合があります

その中で来院される患者さんにお願いです

①:マスク着用をお願いします。特に不織布マスクの着用をお願いします。もしウレタンマスクや布マスク着用で来られた場合は、不織布マスクをご購入頂く場合があります(10円)。マスク着用を拒否される場合は、院内感染を防止するために院内入室をお断りする事があります。

②:院内に入る前に手指消毒をお願いします。階段の下、エレベータの前に消毒液を設置しておりますのでご利用ください。

③:いつもと違う体調を感じられた方は受付時にご連絡ください。お電話または入り口横のインターホンでご連絡いただけると幸いです。

④:PCR検査が注目されますが、発症するようなウイルス量(400コピー以上)であれば当院の抗原検査とPCR検査の結果は同等と言われております。発症後1-2日以上経過された方は抗原検査でPCRの代用する事も問題ないと考えています。また抗原検査・PCR検査共に感度・特異度(正確性)は100%ではありません。よって陰性であっても感染を完全に否定できるわけではない事をご理解ください。

⑤:現在感染者が増加しており、濃厚接触者や関連者への検査の問い合わせが多くあります。当院発熱外来は「症状のある」患者さんに対して検査を行っており、無症状で「会社から言われた」「心配だから」と言う方々への保険診療や公費負担での検査は行えません(保険診療上、国が定めたルールです)。大変申し訳ありませんがそのような方は「無料PCR検査センター」への申し込みをお願いします。

⑥:新型コロナウイルス感染症疑い患者さんを診療する体制は整いつつありますが、一度に診察できる人数には限りがあります。そのためお待たせすることがありますので繰り返しになりますが診療前にお電話での連絡をお願いします。

以上、よろしくお願いします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME