メニュー

糖尿病の治療

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病気です。

症状はほとんどの方は無症状ですが、喉が渇く・急に体重が減る・尿量が多い・体がだるいといった症状が出ることがあります。進行すると手足のしびれ・冷感・目のかすみ・ろれつが回らなくなったり胸が苦しくなったりする脳梗塞、心筋梗塞の症状が先に出ることがあります。

糖尿病には「インスリン依存型(I型)糖尿病」と「インスリン非依存型(II型)糖尿病」の2つのタイプがあります。
「インスリン依存型(I型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。
「インスリン非依存型(II型)糖尿病」は、遺伝要因に加えて食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。95%の糖尿病がこのタイプです。
糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は合併症によって死に至る危険な病気です。また近年糖尿病患者の悪性腫瘍(癌)の発症率が高いという報告が出ています。がん検診も含めて早めの治療・対策が必要です。

糖尿病の検査について

糖尿病の検査の基本は血液検査と尿検査です。当院では糖尿病検査の代表である血糖・HbA1c・尿検査の迅速検査が可能ですのでご相談ください。

当院の治療について

当院では、運動療法、食事療法、内服薬やインスリンの注射による薬物療法を行っています。最近の研究では早期糖尿病の段階で治療介入した方が膵臓のインスリン分泌低下を防ぐことが出来るという報告があります。内服薬も様々な種類の薬が発売され、糖尿病のタイプによって使い分けることが出来るようになりました。しかしながら一部の病態では、病院に入院したうえで血糖のコントロールを行う事もあります。その際は適切なタイミングで病院への紹介を行います。また膵臓の移植が必要な場合もございますので、その場合は、信頼のおける大規模な医療機関と連携して治療を行います。健康診断などで血糖異常を指摘された場合は当院にご相談ください。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME